ヘルペスは再発しやすいという特徴を持っています。一度感染してしまうと治療することは難しいので、治療や再発予防の為にバルトレックスを服用しましょう。

  • ホーム
  • 若者のヘルペス感染経路とバルトレックスによる治療

若者のヘルペス感染経路とバルトレックスによる治療

多色な薬

ヘルペスウイルスに対する感染症は口唇ヘルペスや性器ヘルペスがよく知られているものです。
特に若者の性器ヘルペスが増加していることは大きな問題となっています。
若者たちの間において性行為感染症についての理解が乏しいこともその一つの問題であり、教育によってその理解を深めていくことが必要とされています。
しかし、社会的な問題として、性を大きな話題として取り上げにくいという状況があることから、その教育を行っていくことが難しい状態にあるのが現状です。

ヘルペスウイルスの主な感染経路は接触感染であり、ヘルペスウイルスに感染している人との接触がなければ感染することはまずありません。
口唇ヘルペス、性器ヘルペスでは主に感染しているウイルスに違いがあるものの、どちらからも性器ヘルペスが発症することが知られているため、オーラルセックスについても注意をすることが必要です。
症状として水ぶくれのような腫れができることから一目瞭然であることが多く、そういった症状が出てきてしまったら速やかに治療を行うとともに、性行為をしばらくは控えるということが大切です。
また、唇の周りや性器にそういった腫れがある人とは性行為を控えるということが予防につながるでしょう。

しかし、中にはヘルペスウイルスに感染していながらも発症していない人もいます。
そのため、自覚症状が出てしまったときには治して人にうつさないということが最も重要な取り組みになるでしょう。
バルトレックスはヘルペスウイルス感染症の治療に有効性の高い抗ウイルス薬であり、医療機関にいけば第一選択薬として用いられます。
こういった有効性の高い治療薬があるからこそしっかりと治療を行うことが大切です。