ヘルペスは再発しやすいという特徴を持っています。一度感染してしまうと治療することは難しいので、治療や再発予防の為にバルトレックスを服用しましょう。

  • ホーム
  • 抵抗力低下で発症のヘルペス感染にバルトレックス

抵抗力低下で発症のヘルペス感染にバルトレックス

白と青のカプセル

ヘルペスウイルスに対する感染症としてよく知られているものには単純ヘルペスウイルス1型に対する感染で生じる口唇ヘルペスと単純ヘルペスウイルス2型に対する感染で生じる性器ヘルペスとがあります。
どちらに対してもおすすめできる治療の手段としてバルトレックスの服用があります。
バラシクロビルを有効成分とするバルトレックスは比較的少ない投与回数で短期間で単純ヘルペスウイルスによる症状を寛解させることができる治療薬です。
痛みやかゆみに悩まされることになりやすい口唇ヘルペスや性器ヘルペスの治療にはうってつけのものとなっています。

ヘルペスウイルスは感染こそするものの、免疫力が十分にあってヘルペスウイルスの増殖に対して十分な抵抗力がある場合には発症しません。
発症の際に生じる水疱はヘルペスウイルスが増殖することによって生じているものであり、抵抗力が十分にあれば免疫の作用によってその数を常に減らしていくことができるからです。
しかし、他の病気にかかってしまって体力が低下していたり、免疫抑制剤を使用したり、HIV感染が発症して著しく免疫力が低下したりしてしまった際にはヘルペスウイルスによる感染症も発症しやすくなります。
そういった際に水疱による見た目の変化やそれによる痛みやかゆみの治療にバルトレックスが有効となるでしょう。
ウイルス感染においては有効な治療薬があまりないということも稀ではなく、ヘルペスウイルスにおいてはバルトレックスが使用できるというのは大きなメリットです。
症状が出ていなくてもヘルペスウイルスに感染していることがわかっている場合には予め常備しておくことによって、抵抗力が低下してしまったときの対策を立てておくこともおすすめです。