ヘルペスは再発しやすいという特徴を持っています。一度感染してしまうと治療することは難しいので、治療や再発予防の為にバルトレックスを服用しましょう。

  • ホーム
  • 予防のためにバルトレックスを使う場合は保険適応外

予防のためにバルトレックスを使う場合は保険適応外

落ち込む男性

口唇ヘルペスや性器ヘルペスが生じた場合には、当然治療を行なう必要があります。
そこで使われる薬の一つがバルトレックスです。
バルトレックスに含まれている成分は、「塩酸バラシクロビル」という成分です。
これが体内に取り込まれることによって、ヘルペスの原因となるウイルスを攻撃してウイルスが増えてより広範囲にヘルペスが生じたり、長期化するのを防ぐことができるのです。
バルトレックスはヘルペスのほかにも帯状疱疹や水ぼうそうといった症状にも効果があり、その軽減や抑制、再発防止ができます。

このバルトレックスは、病院に行き、お医者さんにヘルペスであると診断されると処方されます。
特に口唇ヘルペスの場合には最高5日間分の薬が処方されることになっています。
これに対して、性器ヘルペスの場合には、再発を繰り返すという特徴があるため、病院処方に対して上限は設けられていません。
ヘルペスの再発を防ぐためにはウイルスを徹底的に除去する必要があり、長期的な薬の服用が必要になりますので、処方の上限が設けられなくなったのです。

とはいっても、この適用条件は、性器ヘルペスを年6回以上繰り返すというものであり、単純に以前もかかったことがあるからという理由で長期服用分のバルトレックスを処方してもらうことはできません。
こうした事情もあり、まだヘルペスにかかっていない状態、すなわち予防のためにバルトレックスを処方してもらうことはできず、個人輸入や通販での購入はできるものの、保険の適用外となっています。
とはいえ、ウイルスによる病気という点と、再発性の高さという点を考慮すると、保険適用外であっても通販や個人輸入によって入手しておくことが望ましいです。

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧