ヘルペスは再発しやすいという特徴を持っています。一度感染してしまうと治療することは難しいので、治療や再発予防の為にバルトレックスを服用しましょう。

困っている男性

ヘルペスの知識としてまず抑えておきたいのは、ヘルペスには様々な種類のウイルスが存在することです。
ヘルペスは、単純ヘルペスウイルス1型や2型、水痘・帯状疱疹ウイルスなどの8種類が人に感染する事が確認されています。
代表的な病状としては、唇周辺や口腔内に水膨れの出来る口唇ヘルペス、下半身でも特に性器周辺に発症する性器ヘルペスがあります。
子供の頃に罹患する事が多い水疱瘡などがありヘルペスイコール性行為感染症と言うイメージは間違いとされ、日本人の約70%から約80%が単純ヘルペスウイルス1型に感染しているとされています。
一般的な口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルス1型に感染する事で発症します。
近年ではヘルペスに対する知識不足やオーラルセックスの一般化により、性器ヘルペスを引き起こす単純ヘルペス2型により唇周辺に症状が発現するケースが増加しています。

ヘルペスの治療には、バルトレックスなどの抗ウイルス剤を投与します。
バルトレックスの効果や副作用について知っておきましょう。
症状が消失してもヘルペスウイルスは体内の神経節に潜伏している為に、宿主の体調不良や自律神経の乱れにより免疫力が低下すると再発します。
その為、ヘルペス患者の約80%が1年以内に再発しています。
バルトレックスは、従来のアシクロビルにアミノ酸であるバリンを付加したバラシクロビルが主成分の抗ウイルス剤です。
バリンの付加や特殊な製剤法により腸での吸収率や生理学的利用能が高くなっているリボ核酸ポリメラーゼ阻害薬です。
バルトレックスは、治療だけでは無く再発予防にも投与されるケースもあります。
再発予防の際には1日1錠の服用を8週間から1年間続ける事により、体内のヘルペスウイルス量を3分の1に抑制する作用やヘルペスウイルスの活動阻害などの効果が得られるとされています。

又、再発した時にも、症状は軽くバルトレックスを増量すれば数日で症状が治まります。
また、パラシクロビルというヘルペスウイルス感染症治療薬は吸収効率が良いため早く治療したい時にはおすすめです。